Click Here!


妊娠中の医療関係


医療控除 定期健康診査


医療控除 年間に家庭で使った医療費が10万円を超えた場合に、税金が戻ってくる.
医療控除条件
1年間に家庭で使った医療費が10万円を超えた場合。
(ただし、パート主婦など年収が200万円以下ならば、医療費が10万円以下でも戻ってくることもある)
病院の領収書、薬局で購入した薬代の領収書、通院のための交通費が記載された家計簿など、証明できる書類がある場合。
※すべての条件を満たすこと。

申請期間
確定申告で、翌年2月16日〜3月15日までに税務署へ申告。
申告していなかった分については、5年前の分まで控除を受けられる。

用意するもの
前年分の医療費の領収書、又は家計簿等医療費を証明するもの。源泉徴収票。

対象
出産の費用。
妊娠と診断されてからの定期健診費用。
妊娠検査費用。
出産で入院するときのタクシー代。
妊娠の保健指導のため助産婦に支払った費用。
助産婦を呼んで出産した時の助産婦の交通費。
不妊症の治療費や人工授精の費用。
優生保護法に基づき医師が行った中絶費用。
未熟児であったために払った医療費。
流産した場合の費用。
病院の駐車料金。
病院に行くための交通費。
医薬品の購入費。
歯科の保険外費用。
針灸あんまマッサージの費用。
医者の処方箋に基づいた運動型・健康型健康増進施設利用費。

出産育児一時金などは補填された額とみなされるため、医療費の総額からマイナスされる。
現実 出産一時金をもらったし、早生まれなので該当せず。

定期健康診査
理想
妊娠27週までは4週間に1回受診
妊娠28週から35週までは2週間に1回受診
妊娠36週以後分娩まで一週間に1回受診
現実 第1子
生理が遅れて一週間後に受診。
その後3週間おきぐらいに早め早めに受診する。
第2子
月経停止から7週目ぐらいに
受診、その後4週間おきぐらいに受診。
第1子に比べると受診回数が減る。
ちなみに私の受診した病院の健診代は4500円でした。


次はからだの変化へ ホーム






Click Here!

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO